一燈園資料館・香倉院

一燈園は明治37年 (1904年)に西田天香 NISHIDA Tenko (1872 – 1968)によって創始された宗教的生活共同体。
一燈園資料館「香倉院」には河井寛次郎 KAWAI Kanjiro, 棟方志功 MUNAKATA Shiko, 木喰上人などの作品も所蔵されている。

それら所蔵作品は第二次世界大戦末期、京都東山に行われた米軍の空襲後、再度の空襲による作品などの焼失を懸念した河井寛次郎が親交のあった西田天香の居所である山科の地に疎開させ、戦後一燈園に贈ったものとのこと。

展示作品( 河井寛次郎の初期作品四点 (李朝写し「黒点白高台付」台鉢、沖縄写し「草花紋鉢」、スコータイ写し「魚紋大鉢」、草紋珈琲セット「寛」の在銘)、棟方志功作品は「二菩薩釈迦十大弟子」より二点、木喰上人作「千手観音菩薩像」などであった。珈琲セットは一燈園内で使用されていたとのこと。
以上2013年1月現在

香倉院

※ 一燈園についての詳細情報は下記公式ウェブサイトを参照下さい

一燈園
京都市山科区四ノ宮柳山町8

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、初期民藝運動資料、個人作家作品、日本と英国の工藝作品を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details »

目白コレクション2022春

目白コレクション2022春

今春も出展いたします。
皆さまのご来場をお待ちしています。

目白コレクション 2022春
会期:2022年4月16日(土) 12時〜18時
        17日(日) 10時〜16時
会場:目白椿ホール(デサントビル地階)
東京都豊島区目白1-4-8

目白コレクション公式ウェブサイト

目の眼4月号 京都で生まれた民藝 柳宗悦と河井寬次郎の邂逅

目の眼4月号
京都で生まれた民藝 – 柳宗悦と河井寛次郎の邂逅
2022年3月15日発行 株式会社 目の眼

京都での柳宗悦と河井寛次郎の出会いから、二人を繋ぐネットワークに迫ると共に、吉田下大路町に現存する旧柳宗悦邸の内部を初めて紹介します。
企画協力、寄稿していますのでご高覧ください。

Details »

柳宗悦と京都 - 民藝のルーツを訪ねる –

柳宗悦と京都 -民藝のルーツを訪ねる-

・杉山享司(日本民藝館学芸部長)

・土田眞紀(美術史家・同志社大学文学部嘱託講師)

・鷺珠江(河井寛次郎記念館学芸員)

・四釜尚人(しかまファインアーツ代表・京都民藝協会理事)

2018年 光村推古書院

Details »

民藝781号

民藝781号 (2018年1月号)発刊されました。
特集は「棟方志功と柳宗悦」です。

Details »

リーチ工房の珈琲マグカップ

リーチ工房のコーヒーマグ / 1960年代
Details »

民藝の日本 京都高島屋

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
– 柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する –

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加えた約170点が展観されます。

Details »

民藝780号

民藝780号 (2017年12月号)発刊されました。
特集は「愛媛民藝館開館50年記念特集」です。

以下、日本民藝協会公式ウェブサイトよりの転載です。

Details »

「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

特別展「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

バーナードリーチは本年生誕130年を、また我孫子の柳宗悦邸内に窯を築いて100年を迎えます。本展では日本民藝館所蔵の我孫子時代のリーチ作品を中心に展観されます。
また展覧会会期中には様々なイベントが開催されますので詳細は公式ホームページをご参照ください。

Details »

河井寬次郎展

没後50年 河井寬次郎展
―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に初公開の山口大学所蔵作品など陶芸、木彫、書、調度など
河井寛次郎の仕事の全貌が展観されます。
また2018年1月21日(日)午後2時より鷺珠江氏(河井寬次郎記念館・学芸員)の講演会が開催されます。

Details »

リーチ工房の筒型コップ

Beaker / Leach Pottery, 1950-60’s

Details »