南蛮寺跡と天主町

南蛮寺跡付近(サンタマリア御上人寺)
京都市中京区蛸薬師通室町西入姥柳町

フランシスコ・ザビエル(1506~52)は天文18(1549)年に薩摩に上陸後,天文19年12月(1550)に堺を経由して京都に入りました。しかし滞在僅か11日間で京都を離れました。実際に京都での布教を開始したのはガスパル・ビレラであるそうです。この時期のキリシタン遺跡としては墓碑、鐘などが現存していますがそれ以外の遺跡の多くは江戸期の禁教によって破壊されました。
自転車で京都市内中心部の南蛮寺跡などを巡り往時を偲んでみました。

天正4(1576)年に和風三階建のキリスト教聖堂がこの地に建立されました。
伝狩野元秀「洛中洛外名所扇面図」にもこの南蛮寺が描かれています。

天正4年7月21日,オルガンティーノがこの南蛮寺でミサを行ったとの記録がフロイスの『日本史』に記されています。

だいうす町跡
京都市下京区若宮通松原上ル菊屋町
キリシタン寺院があったと推定されています。

「だいうす町」は,デウス(天主)町のなまったものといわれ寛永年間に出版された「平安城東西南北町並之図」、慶安版・寛文版・元禄版・寛保版などの「京大絵図」にも「たいうすのづし」とか「大うす丁」との記載があるそうです。

だいうす町跡
京都市下京区岩上通四条下ル佐竹町
この地もキリシタン寺院跡があったと推測されています。

慶長天主堂跡
慶長9年(1604年)頃この地に耶蘇会の天主堂教会がありました。
しかし慶長17年(1612年)徳川幕府のキリシタン弾圧により焼き払われたとのことです。現在、石碑が建っています。

だいうす町跡
貞享3(1686)年刊の『雍州府志』に一条油小路と堀川の間を「大宇須辻子」と呼ぶと記されているそうです。
京都市上京区油小路一条上ル西入ル

参考:「京都のキリシタン遺跡」京都歴史資料館 2004

About Us

柳宗悦氏らが提唱した「民藝」の精神を礎にしています。
バーナードリーチを核とし、初期民藝運動資料、個人作家作品、日本と英国の工藝作品を中心に扱っています。
-living with art- をキーワードに、生活を彩り身近に置いて心休まる美術工芸品を紹介していきたいと考えています。
Details »

目白コレクション2022春

目白コレクション2022春

今春も出展いたします。
皆さまのご来場をお待ちしています。

目白コレクション 2022春
会期:2022年4月16日(土) 12時〜18時
        17日(日) 10時〜16時
会場:目白椿ホール(デサントビル地階)
東京都豊島区目白1-4-8

目白コレクション公式ウェブサイト

目の眼4月号 京都で生まれた民藝 柳宗悦と河井寬次郎の邂逅

目の眼4月号
京都で生まれた民藝 – 柳宗悦と河井寛次郎の邂逅
2022年3月15日発行 株式会社 目の眼

京都での柳宗悦と河井寛次郎の出会いから、二人を繋ぐネットワークに迫ると共に、吉田下大路町に現存する旧柳宗悦邸の内部を初めて紹介します。
企画協力、寄稿していますのでご高覧ください。

Details »

柳宗悦と京都 - 民藝のルーツを訪ねる –

柳宗悦と京都 -民藝のルーツを訪ねる-

・杉山享司(日本民藝館学芸部長)

・土田眞紀(美術史家・同志社大学文学部嘱託講師)

・鷺珠江(河井寛次郎記念館学芸員)

・四釜尚人(しかまファインアーツ代表・京都民藝協会理事)

2018年 光村推古書院

Details »

民藝781号

民藝781号 (2018年1月号)発刊されました。
特集は「棟方志功と柳宗悦」です。

Details »

リーチ工房の珈琲マグカップ

リーチ工房のコーヒーマグ / 1960年代
Details »

民藝の日本 京都高島屋

日本民藝館創設80周年記念
民藝の日本
– 柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する –

柳宗悦が日本各地で蒐集した日本民藝館の所蔵品を中心に、各地の民藝館の所蔵品を加えた約170点が展観されます。

Details »

民藝780号

民藝780号 (2017年12月号)発刊されました。
特集は「愛媛民藝館開館50年記念特集」です。

以下、日本民藝協会公式ウェブサイトよりの転載です。

Details »

「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

特別展「我孫子築窯100周年記念 バーナード・リーチ展」

バーナードリーチは本年生誕130年を、また我孫子の柳宗悦邸内に窯を築いて100年を迎えます。本展では日本民藝館所蔵の我孫子時代のリーチ作品を中心に展観されます。
また展覧会会期中には様々なイベントが開催されますので詳細は公式ホームページをご参照ください。

Details »

河井寬次郎展

没後50年 河井寬次郎展
―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―

河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に初公開の山口大学所蔵作品など陶芸、木彫、書、調度など
河井寛次郎の仕事の全貌が展観されます。
また2018年1月21日(日)午後2時より鷺珠江氏(河井寬次郎記念館・学芸員)の講演会が開催されます。

Details »

リーチ工房の筒型コップ

Beaker / Leach Pottery, 1950-60’s

Details »